車査定における下取り金額を高める方法

車査定における下取り金額を高める方法

車査定とは自分の持ち物である車の現時点の価値を金額で出す事である。査定基準として年式・車種等の目安となる基本査定金額があり、その基本査定金額に該当車種の程度や傷、事故歴や流通価格などが加点または減点され金額が決定する。その車の価値を出す為の方法として下取りがあるがこの下取りとは次の車を買う為の金額のの一部を保有している車を手放し現金化する事である。下取りに出す事で新しい車の購入費用が抑えられる為に出来るだけ高く下取りしてもらう必要がある。ここで必要になるのが販売店との人間関係や交渉の明瞭さであると思う。

交渉する人は出来るだけ高く下取りして欲しい。それは当然の心理だが理由もなく高く下取りしろと販売店に要求するのは逆効果である。あくまでも下取りの金額を決めるのは販売店であり販売店は次の車を売りたいが為に下取りを高くとるのである。次の車がなかなか決まらないうちに下取りはいくら?や他はいくらくらい下取り額を出してきた!などと販売店に伝えるとピントがずれた商談になってしまいご破算となる。この車をこの販売店から買いたいから高く下取りして欲しいほときちんと伝え、販売店が高く出してやりたいと思うようなお客になることも下取り額を高める方法ある。

ただ私が言いたいのは決してお客様が販売店に媚びたらよい金額が出るからそれがよいと言っているのではない。下取りとはこれから買おうとしている車を出来るだけ安く買う為に自分の持ち物を現金化する事であるからその商談が出来るだけ明瞭であればあるほど販売店としては金額を高く出しやすいという事である。また最近は販売店側としても値引き金額がメーカーや本社から抑えられている為にお客様に目移りして欲しい、また気に入って頂きたい誠意を見せる為にも下取り額を頑張るしかない所である。また販売店も少々高い値段で下取りしても自社でまた再販出来ればその販売時点の損失を再版で補填できる。つまりは下取り額を高める方法は販売店との交渉や人間関係で決まるといえる。販売店とお客様のベクトルが一番一致した商談が一番下取り額が高いということになる。

注目情報